ホワイトニング歯磨き粉「プレミアムブラントゥース」のレビュー

市販のホワイトニング歯磨き粉「プレミアムブラントゥース」の40代男性クチコミ・レビューを紹介します。

営業マンの第一印象には清潔感が大切。黄色く汚い歯を白くしたくなった

歯磨きをいつも通りに行っていても、新しく入ってきた部下とは歯の白さが異なると感じていました。

年齢的なものがあると考えていましたが、同窓会に参加した時に同年齢にも関わらず輝くような白い歯を持っている人の笑顔が素敵に感じました。

思い起こしてみると、口臭対策と合わせて歯磨きを徹底するようになっても、歯の黄ばみが取れること無く次第に気にするようになったわけです。

顧客対応時に心から歯を見せて笑うことが少なくなり、馴染みの顧客から体調を心配されることが増えたと感じました。

家族の前では大口開けて笑うことが出来ても、親しい人以外に対しては心から笑顔になることが少なくなったと実感するに至ります。

歯磨きをしっかり行っていても、歯が黄ばんて見えてしまう理由が分からず、歯を見せずに笑うことが愛想笑いに見えてしまうと妻から指摘された時に、本腰を入れて歯を白くしなければならないと考えるに至りました。

何か根本的な改善をしなければ、歯を白く出来ないと悩んでいたわけです。

 

思い当たる歯の黄ばみの原因はタバコのヤニとコーヒーの飲み過ぎ

昔の写真をアルバムで確認してみると、大学生の頃までは今ほど歯が黄ばんていないことが分かったので、就職後に思い当たる行動を考えてみると、コーヒーの存在が思い浮かびました。

初めて出たボーナスで購入したエスプレッソマシンを手に入れてから、自宅でもエスプレッソやラテを楽しめるようになり、コーヒーを日常的に飲むようになっています。

酒も煙草も一切縁が無いので、唯一拘っていることはエスプレッソコーヒーでした。

エスプレッソマシンのメンテナンス時には、クレマと呼ばれるステイン汚れを落とすために器具を60度のお湯で1時間つけ置き洗いをしますが、自分の歯は日常的な歯磨き以外何もしていませんでした。

ステイン汚れと歯垢が異なることを知らなかったわけです。

また昔から吸っているタバコのヤニも大きな原因となっていると思います。ネットなどで調べてみると、歯の黄ばみの大きな原因はコーヒーなどに含まれるタンニンやタバコのタールなどがあるようです。

私の場合は、これら2つが思いっきり当てはまっていました。

 

使用したのはプレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースの価格と成分

メーカー 株式会社アンビシャス
商品名 プレミアムブラントゥース
容量 1本30ml 約1ヶ月分
成分 水、グリセリン、エタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セルロースガム、キサンタンガム
メントール、キシリトール、スクロース、グリチルリチン酸2K、オリーブ果実油、ホホバ種子油
ヤシ油、マカデミアナッツ油、スクワラン、デキストリン、パパイン、ウーロン茶エキス、チャ葉エキス
オトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、当キンセンカ花エキス
ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス
アルテア根エキス、オノニスエキス、スギナエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージ花エキス
セロリエキス、タチジャコウソウエキス、フキタンポポエキス、メリッサ葉エキス、尿素、BG
クエン酸、三リン酸5Na、フェノキシエタノール、ハッカ葉油、カニナバラ果実油
価格 [定期購入]

初回特別1本3,980円
2回目以降4,980円

[都度購入]

定価1本9,980円

プレミアムブラントゥースを選んだ理由・決め手

エスプレッソによるステイン汚れを単に落とせば良いと考えていたので、最初は全薬工業のオーラパールというホワイトニング歯磨き粉を使おうとしました。

しかし、よく調べてみると、自分の場合は長年蓄積した汚れに加えて、タバコの原因なのか歯茎の色も紫色っぽくて汚くなっていました。

ネットで検索して出てきた下記のホワイトニング歯磨き粉ランキングが色々詳しくホワイトニング歯磨き粉の成分と効果比較をしていたのですが、そこで一番オススメだったプレミアムブラントゥースという商品を購入しました。(「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」ランキング)

プレミアムブラントゥースにはホワイトニング効果だけでなくて、紫や茶色くなってしまった歯茎をピンクにするといった薬用成分も含まれているという点が自分に合っているかと思いました。

1週間に1回だけ強い研磨作用を持つ歯磨き粉を使う方法もありますが、歯磨き粉の使い分けが出来るほどマメな性格では無いので、1本で毎日使えて全て対処出来る点からプレミアムブラントゥースを選んだわけです。

 

プレミアムブラントゥースのホワイトニング効果の感想

40代に入ったことと、大好きなエスプレッソを止めることは難しかったので、3ヶ月継続して試すことにしました。

朝晩の歯みがきは必ずプレミアムブラントゥースを使うようにしました。

仕事上すぐに歯磨き出来ない場合には、液体歯みがきのGUMデンタルケアを併用することで、集中的なケアを心がけました。

最初の4週間経過した時点で、明らかな黄ばみが消えて白さが見られるようになりました。

3ヶ月継続したことで、学生時代ほどまでは行かないものの、40代の割には白さがある歯を取り戻せました。

歯科でホワイトニング治療を行わなくても、3ヶ月続けることで十分満足出来る白い歯を手に入れることが出来たので、人前で歯を出して笑えるようになりました。

笑顔が自然になると、印象が明るく見えるようで、馴染みの顧客にも明るくなって何か良いことがあったのかと聞かれるようになったわけです。

完璧なホワイトニングを目指すならば、歯科でホワイトニング施術を受ける必要がありますが、エスプレッソを楽しむ習慣が残っているので、あまりにも白すぎると維持が難しくなると考えて、プレミアムブラントゥースによるセルフケアで十分と考えています。